blog
ブログ

salesforce技術ブログその4(eclipseでのカスタム項目一括作成方法)

こんにちは!

 

今回は、多くのカスタム項目を作成する必要があるため、画面からひとつづつ追加

していると時間がかかってしょうがない!といった開発者の方向けの、カスタム項目

一括作成方法です。

 

■その4:eclipseでのカスタム項目一括作成方法

仮に、今回カスタム項目を追加するカスタムオブジェクトを「TestObject」とした場合の

作成方法です。

 

※今回追加するオブジェクト(salesforce画面)

 salesforceカスタムオブジェクト

 

1.eclipseを立ち上げ、項目を追加したいオブジェクト(テストオブジェクト)のメタデータを取得します。

 salesforce eclipseメタデータ

 

2.プロジェクトのプロパティを表示し、Force.com→プロジェクトコンテンツを選択します。

  salesforce eclipseプロパティ

 

3.コンポーネントの中のobjects – customのTestObject__cにチェックを入れ、メタデータを表示させます。

    salesforce eclipse プロジェクトコンテンツ

 

4.下記画面のように、プロジェクトコンテンツに TestObject__cが含まれていることがわかります。

  合わせて、プロジェクトをリフレッシュします。

   salesforce eclipse プロパティ2

 

5.パッケージエクスプローラーから、先ほど追加したTesObject__cを開きます。

  カスタムオブジェクトを構成するメタデータが記述されています。

  salesforce カスタムオブジェクトメタデータ

 

6.メタデータの中で、カスタム項目を指定しているものは、<fields>タグで囲まれている箇所になります。

 salesforce fieldsタグ

 なお、「テキスト型」のカスタム項目の場合の、<fields>タグ内の各要素は以下の通りです。

  <fullName> ・・・ API参照名

  <externalId> ・・・ 外部IDとして使用するか(true/false)

  <label> ・・・ 項目の表示ラベル

  <length> ・・・ 文字数

  <required> ・・・ 必須(true/false)

  <type> ・・・ データ型(今回は”Text”)

  <unique> ・・・ 値をユニークとするか(true/false)

 

7.追加したい型の<fileds>項目(今回は6の画像で赤枠で囲った箇所)をコピー&ペーストします。

  salesforce fieldsタグコピぺ

 

8.コピー&ペーストした内容を、登録したい内容に修正し、保存します。

  salesforce fieldsタグ修正

 

9.保存後、salesforce画面を表示させ、カスタム項目を追加したカスタムオブジェクトを見てみると、追加されている

  ことがわかります。

  salesforce カスタム項目追加確認

  salesforce カスタム項目詳細

 

データ型によって<fields>タグの構成要素は異なりますので、要素がわからない場合は、

同型のカスタム項目を画面から1つ以上作成する必要はありますが、多くの項目を一気に

作成する必要がある場合は、非常に便利な方法です。

※ただ、参照・主従関係、選択リストなどは、画面で作成した方が早い場合もありますので、

 用途に応じて使い分けが必要です。

 

今回はカスタム項目でしたが、カスタム表示ラベル等にも応用は可能です。

 

注意事項としては、eclipseからカスタム項目の作成は可能ですが、項目の削除は行えません。

(削除して保存しても反映されません。)

削除の必要がある場合は、画面から削除する必要があります。

 

 

contact

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

简体中文English日本語한국어
翻訳