blog
ブログ

salesforce技術ブログその2(Excelにデータダンプを簡単に取る方法!(開発環境))

こんにちは!

salesforce技術ブログ2回目です。

今日は、salesforceが提供しているExcel連携ツールについての内容です。

 

■その2:connect for officeでのsandbox環境接続について

 WordやExcelと直接salesforce環境を接続可能な本ツール。差し込み印刷機能の

 利用や、テスト結果のエビデンスを取るときに非常に有効です。

 connect for office(Word)

 

  そうしたときに、本番環境への接続はできるけど、sandbox環境に接続できない!

 といった問題が発生してしまうことがあります。

 sandbox環境への接続方法は、

  (ユーザフォルダ)~Application Datasalesforce.comOfficeEdition1041

  上記フォルダの、OfficeEdition.xmlの接続先(<param name=”DefaultServerUrl”>)を

  書き換えることでログインできます。

  例)<param name=”DefaultServerUrl”>https://test.salesforce.com/services/Soap/c/2.5</param>

  ※使用しているOSのバージョン、officeのバージョンによってもディレクトリ構成が

   異なる場合があります。

  ※Windows8環境の場合、

    C:Users(ユーザ名)AppDataRoamingsalesforce.comOfficeEdition1041

    に格納されておりました。

    connect for officeの接続先設定箇所

 

 また、このツール自体の動作を保証しているofficeのバージョン、OSのバージョンもありますので、ご注意

 ください。

 ※当社では、salesforceが保証していない、Windows7 64bit + office2007、windows8 64bit + office2007で

   動作することは確認しています。

 

contact

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

简体中文English日本語한국어
翻訳