Salesforce技術ブログ(グローバル検索についてまとめてみた)

Salesforce技術ブログ(グローバル検索についてまとめてみた)

Salesforce技術ブログ(グローバル検索についてまとめてみた)

こんにちは!前Dです。


Saleforceのグローバル検索、便利ですよね。

でも、思うように検索結果が返ってこない、ということありませんか?

または、「ん?何でこれが検索結果でHITするんだ?」とか。

と、いう訳でグローバル検索の動きについてまとめてみました。

★グローバル検索についてまとめてみた

 

 1.グローバル検索のルール

●まずはグローバル検索の基本的なルールから。

  • ・全角のみの文字列は1語として扱われる
  • ・英字のみの文字列は1語として扱われる
  • ・数字のみの文字列は1語として扱われる
  • ・数字と英字など、複数の文字種類が混在した場合は、それぞれ連続している文字種類で1単語として扱われる。
    →例えば…
      検索語が「AA0099」の場合→「AA」と「0099」
      検索語が「AA00CD」の場合→「AA」と「00」と「CD」
  • ・検索キーワードは2文字以上指定する必要がある。

 

●グローバル検索対象のオブジェクト等はこんな感じです。

カテゴリ 可能な検索 不可能な検索 備考
対象オブジェクト タブ化しているオブジェクト タブ化していないオブジェクト
参照可能な項目

テキスト

テキストエリア

ロングテキストエリア

リッチテキストエリア

数値

通貨

電話

数式

参照関係の値

選択リスト

日付

画面非表示の項目も検索対象となる
ワイルドカードを使用した検索

中間一致

前方一致

後方一致

英数字記号等混在

 

2.実際に検索してみよう

○例1○

あるオブジェクトのテキスト項目に「001919」というデータがある場合、グローバル検索を行うと以下の様な感じになります。

「001919」→検索される

「0*1919」→検索される

「*01919」→検索されない(※後方一致では「*」は使用できない)

「*1919」→検索されない(※後方一致では「*」は使用できない)

「1919」→検索されない(※「1919」で開始するデータを検索する)

 

 

○例2○

あるオブジェクトのテキスト項目に「A01919」というデータがある場合、グローバル検索を行うと以下の様な感じになります。

「A01919」→検索される

「*01919」→検索される(※「A」と「01919」が別単語の扱いとなるため、検索される)

「A*1919」→検索されない(※この場合のワイルドカードは英字のものを検索しにいく)

「1919」→検索されない(※「1919」で開始するデータを検索する)

 

○例3○

あるオブジェクトのテキスト項目に「ABCD1919」というデータがある場合、グローバル検索を行うと以下の様な感じなります。

「ABCD1919」→検索される

「AB」→検索されない(英単語部分が「AB」であるデータを検索しに行く(この場合は、ABCDで1単語とみなされるため検索されない)

「AB*」→検索される

「*BC*」→検索されない(後方一致がされないため、英字部分が「BC」で始まるデータを検索しにいく)

「AB*D」→検索される

「*1919」→検索される

 

文字種類で単語を区切って検索をかけているのがグローバル検索の特色ですね。

ちなみに、このグローバル検索のルールはSOSLにも適用されます。

 

グローバル検索については、以下も参照ください。

検索機能を利用した情報の検索(Salesforceヘルプ)
Salesforce Classic での検索の制限(Salesforceヘルプ)
グローバル検索でレコードが見つからない(Salesforceナレッジ)

 

简体中文English日本語한국어
翻訳