Salesforce技術ブログ:【Wave】デザイナでダッシュボード構築+便利なカスタマイズ3選!

Salesforce技術ブログ:【Wave】デザイナでダッシュボード構築+便利なカスタマイズ3選!

Salesforce技術ブログ:【Wave】デザイナでダッシュボード構築+便利なカスタマイズ3選!


こんにちわ、ハムスター森です🐹
自分へのご褒美にバレーボールを買ったので、最近は家や公園でボール遊びをしています。

ちなみにバレーボールのメジャーなブランドは2つあって、
多分これを読んでいる人の大半はモルテン派だと思いますが、私はミカサ派です。

wave0

さて今回は、Wave Analyticsのダッシュボードとウィジェットについて、
簡単な機能紹介と、カスタマイズする際のポイントを紹介してみたいと思います。


1.Waveのダッシュボードとウィジェット


まずは機能の紹介から!

Waveのダッシュボードは、複数のウィジェットと呼ばれるコンポーネントを組み合わせて、
様々な角度からデータを読み取ることができる機能になります。

今回はとある架空の商品の売上データをダッシュボードにしてみます。

wave2

wave3

上の画像は一般的な「数値」 ウィジェットと「グラフ」 ウィジェットです。
数値には合計金額、グラフにはX軸を売上日にした折れ線を表示しています。

これらを組み合わせてダッシュボード上に配置し、構築を進めていくことになります。


2.ダッシュボードデザイナでのカスタマイズ


ダッシュボードにウィジェットを配置する手段として、
ダッシュボードデザイナ」という機能が提供されています。

wave4

デザイナでは、画面のグリッド(網目)にドラッグ&ドロップでウィジェットを配置していくことができます。
先ほどの数値とグラフのウィジェットも、デザイナ上で作成・配置を行っていきます。

wave5

追加で、テキスト画像のウィジェットも作成・配置して、一旦出来上がり。
データさえあれば、ここまでものの数分で作成できてしまいます。

wave6



3.もう1歩踏み込んだカスタマイズの実践


デザイナには、ダッシュボードにデザイナを配置する機能だけでなく、
その他にも機能がたくさん備わっています。

中でも、個人的に便利だと思う機能から3つ実践して、
先ほど作ったダッシュボードを更にカスタマイズしてみます。


●ダッシュボードの背景を変更する。

デフォルトだと、ダッシュボードの背景色は薄いグレーになっています。

wave7

wave8

背景色を変更すると、ダッシュボードのイメージを大きく変えることができます。
企業のコーポレートカラーに変更するなどの用途で利用できます。


●ウィジェットをコンテナでグルーピングする。

デザイナから各種ウィジェットを作成することができますが、
ウィジェットの中には特殊な役割を持った「コンテナ」ウィジェットがあります。

wave9

コンテナは、複数のウィジェットを1つにグループ化することが可能なウィジェットになっています。
数値・画像・グラフをまとめることで、レイアウトがスッキリとしてきました。


●ウィジェットを丸角に変更する。

デザイナでは、ウィジェットごとに詳細な設定を行うことができます。
背景色や、境界線(ウィジェットの四辺)の形式も、個々のウィジェットで設定可能です。

wave9

境界線の半径の設定では、四つ角の形式を変更することができ、
最大値の「16」を設定することで丸角にすることができます。

wave9

最終的に、今回はこんな感じにまとまりました。

紹介した以外のカスタマイズにあたっては下記のリソースが参考になります。
多くの機能があるので、最大限に活かしていきたいですね。

Wave Analytics によるダッシュボード開発 | Salesforce Developers
 https://developer.salesforce.com/events/webinars/waveanalytics_mar15

Wave ダッシュボードの作成のベストプラクティス - Salesforce Help
 https://help.salesforce.com/articleView?id=bi_dashboard_build_tips.htm&language=ja&type=0

简体中文English日本語한국어
翻訳