Salesforce技術ブログ:[Analytics入門]Einstein Analyticsが有効なDeveloper組織を作成する。データストレージも多い!

Salesforce技術ブログ:[Analytics入門]Einstein Analyticsが有効なDeveloper組織を作成する。データストレージも多い!

Salesforce技術ブログ:[Analytics入門]Einstein Analyticsが有効なDeveloper組織を作成する。データストレージも多い!


どうも、ハムスター森です🐹

青森土産にシードル🍎を貰いました。
オシャレな瓶にリンゴ果汁とアルコールと夢が詰まっている感じだったのですが、
ウチに栓抜きが無かったのでまだ飲めていません…。

100円ショップにあるのかなーと思って軽く検索してみたら、
栓抜きが無い時はスプーンや割り箸で代用できるみたいでした。帰ったら試そ!

wave

はじめよう Einstein Analytics


さて今日は、
Einstein Analyticsをこれから始めてみたい!という人向けの導入記事になります。

Einstein Analyticsでは、
散らばったデータを集めて、リッチなUIで見ることができますが…

試しに使ってみたい!練習してみたい!
といった場合にはどうすればいいのでしょうか。


実は、Trailheadのトレイル「Analytics を使用した探索」の中で、
通常のDeveloper Editionの組織とは異なる、
Analyticsライセンスが有効な組織を作成できるようになっています。

※Trailheadとは
 無料で、200以上のコンテンツでSalesforceを学びスキルアップできるサービスです。

wave

実際に、単元を進めていくと…

Analyticsの探索開始」の単元で、
Developer Edition 組織で Analytics を試す」という工程があります。

wave

フォームのURLがあり、通常のDeveloper組織の作成時と同様に組織を作成することができます。

wave
wave

また、Analytics向けということで、
通常のDeveloper組織よりもデータストレージが増えているのも地味にウレシイ。

wave

この単元以降も、Analyticsのトレイルでは、
この組織を使用して、基本的な入門からちょっとディープな使い方まで学んでいくことができます。

弊社内でも力を入れているTrailhead、まだの方はぜひ始めてみてください!

简体中文English日本語한국어
翻訳