現金カウンター キャッシュマスター 現金カウンター キャッシュマスター

現金カウンター キャッシュマスター

レジの現金集計に手間取ってませんか?
キャッシュマスターは現金を重量で計るため瞬時に集計することが可能です!

キャッシュマスター Sigma105

 現金を瞬時にカウントします!



動画を直接ダウンロードする

Sigma105の使用例

特徴

早い

 ★現金カウンターsigma105が、現金カウントのお手伝いをします。
 ★現金を重さでカウントするので、順にのせるだけOK!
 ★レジ内のバラ硬貨、バラ紙幣、棒金を順にのせると約2分でカウント完了。
 ★カウントした後は金種を枚数表示させてPOSの在高点検画面にインプットすると過不足がすぐに分かります。

レジ点検に最適!

 ★レジ点検、レジ精算、両替金準備に最適!違算減少、不正抑止効果もあります。
 ★キャッシュドロワを開ける時間を短縮するのでセキュリティー効果も上がります。

持ち運びが楽!

 ★小さく軽く場所を取りません。
 ★AC電源を切りはなして持ち運び内蔵バッテリーでカウントできます。

使って安心

 ★長期保証、ヘルプデスクがついているので、安心してお使いいただけます。

プリンター

 ★プリンターを使用すると、各金種の枚数、小計、合計を印刷します。
 ★記録が残せ、手書きが要りません。改ざん防止効果もあります。

キャッシュマスターによるコスト削減効果例

1レジ確認短縮時間/1日

 (sigma100導入前)     (sigma100導入後) 
 1日4回×6分=24分     1日4回×4分=16分
               
       1日8分短縮!

4レジの場合

 短縮8分   × 4レジ  = 32分短縮/1日
 短縮32分  × 30日  = 16時間短縮/1ヶ月
 短縮16時間 × 12ヶ月 = 192時間短縮/1年間

          ⇓

      大幅時間短縮!

よくあるご質問

なぜ正確さを保証できるのですか?

 キャッシュマスター社は1987年以来ずっと現金カウンターの研究開発を行っており、5つの特許技術と6つの学習プログラムによる高精度のカウント機構を完成させました。特に、毎回のせる現金の基準重量を、カウント毎に記憶更新しており、湿度変化による
重さの変動にも対応していますので、何年でもお使い頂けます。既に43ヶ国で130,000台以上が導入され、その正確性と信頼性が実証されています。又、のせた重さを、現金の基準重量で割り算し、枚数を計算して、余りの重さが
基準重量の半分以下なら0枚、半分以上は1枚、と計算します。紙幣は約1グラムですので、半分は0.5グラムとなり、湿り気、よごれ、少しのセロテープ等は、0.5グラムに達しないので、カウントに影響しません。

何年くらい問題なく使えますか?

 キャッシュマスターは可動部分を持たないため、3,500万回以上正確にカウント処理を行えます。また、可動部分が無いことで、掃除や点検等の手入れが必要ありません。このため、7~10年の耐用年数があります。

ウオン等の現金がまざっているとどうなりますか?

 キャッシュマスターは、「偽札発見機」ではなく、「現金カウンター」ですので、通常通貨以外の現金がまざっていても、重さが同じならカウントしてしまいます。各金種は、正確に分けてカウントされる事を前提にしています。

ビジネスパートナー募集

 弊社では、お客様の多様なニーズにお応えするため、アライアンスパートナー様を募集しております。
導入、販売に関する協業をご検討頂けるパートナー様、ぜひご連絡ください。

お問合せ先

 以下、お問合せ又はお電話にてお問合せ下さい。