IP電話 MOT/PBX IP電話 MOT/PBX

IP電話 MOT/PBX

MOT/PBXの大規模システムについてご紹介致します!

MOT/Bridge概要

MOT/BridgeはMOT/PBXシリーズの6拠点以上での接続構成を実現する拠点間接続用SIPサーバです。
MOT/PBX M-V2(M-V2+B)、MOT/Miniによる拠点間内線接続は、現在PBX間接続を利用した場合上限が5拠点となっていますが、MOT/Bridgeを利用することにより最大30拠点までの接続が可能となります。

※31拠点以上をご利用の場合はサーバタイプの上位機種「MOT/Bridge PRO」もございますのでお問い合わせください。

機能概要

機能概要
接続拠点数 30拠点  
REGISTER 番号数 30番号 IPアドレス30個分
エイリアス番号
(レジ無し番号)
3000番号 REG番号の別名登録
利用許可ドメイン登録 指定したドメイン以外の利用を禁止する機能  
着信許可アドレス設定 指定したIPアドレス以外での利用を禁止する機能  
静的アドレス登録 レジスター対応していない端末利用時の静的登録  
他拠点の外線プレフィックス発信 他拠点の外線をプレフィックス番号+*で捕捉発信できる機能  
各種転送先ゲートウェイ設定 話中、無応答、無条件での通話転送が可能 IPアドレスの設定
プレフィックスルーティング 先頭1桁特番によるゲートウェイルーティング機能 IPアドレスの設定
その他 MOT/PBXと同等のルータ・保守系機能  

 

接続する拠点のうち1拠点はMOT/PBX M-V2(M-V2+1)もしくはMOT/PROである必要があります。
MOT/Bridgeの利用には固定IPアドレス1個が必ず必要となります。
MOT/PBX M-V2等と同一拠点へ設置する場合でも、MOT/Bridge用に固定IPアドレスが1個必要となります。

機能一覧

主な機能
利用許可ドメイン登録 着信許可
アドレス設定
静的アドレス登録 話中
無応答 無条件転送先
アドレスの設定
IPフィルタリング機能 プレフィックスによる
ゲートウェイ設定
交互通話 HOT LINE着信 コールウェイティング 着信POP UP
設定バックアップ リストア IPアドレス設定 DHCPサーバ設定
その他MOT/PBXと同じ保守機能等    

構成イメージと配線図

構成イメージ

構成イメージ

配線図

配線図

MOT/Bridge 仕様表

装置仕様概要

ハードウェア仕様
名称・型番 MOT/Bridge
製造元 オフィス24(Made in Taiwan HEISEI Technology Co., Ltd.)
ネットワークインターフェース WAN側

LAN側
ポート数 WAN・LAN 各1ポート
規格 10BASE-T/100BASE-TX/
1000BASE-T
コネクタ形状 RJ45
その他 オートネゴシエーション、IEEE802.3準拠
表示機能 POWER表示、WAN/LANステータス表示
電源 電源ボタン1個(システム起動、停止)
外部ACアダプタ利用(PSE設定)
入力電源 DC in 12V
定格電圧範囲 100〜240V
周波数 50Hz〜60Hz(The Spec of AC Adaptor:47Hz・63Hz)
最大消費電力 60W(平均50W)
動作環境 周囲温度:0~40℃ 周囲湿度:20〜80%【結露なきこと】
保存環境 周囲温度:-20〜80℃ 腐食性ガスなし
本体外形寸法 270(W)×95(L)×340(D)
本体重量 4.2kg(本体とACアダプタを含む重量)

ビジネスパートナー募集

 弊社では、お客様の多様なニーズにお応えするため、アライアンスパートナー様を募集しております。
導入、販売に関する協業をご検討頂けるパートナー様、ぜひご連絡ください。

お問合せ先

 以下、お問合せ又はお電話にてお問合せ下さい。