Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール


セットアップについて


 KippoWのセットアップは以下の手順で行います。

1.前提
2.インストール
3.プラグイン設定
4.プラグインのバージョンアップについて


1.前提


 Wordpressの使用方法等についてはご理解されてることを前提としております。なお、KippoWが動作するシステム環境のスペックは以下の通りです。

システム環境 スペック等
WordPress 5以上
フォームプラグイン 「Contact Form 7」、「Jetpack by WordPress.com」、「MW WP Form」、「Ninja Forms – The Easy and Powerful Forms Builder」、「Visual Form Builder」
WordPressのバージョンに合ったバージョンをお使いください。
PHP 5.6以上
MySQL 5以上
サーバー 上記、Wordpress・PHP・MySQLが動作するハードウェア・ネットワーク・ソフトウェア
Salesforce Web-to-リード/ケースで利用


2.インストール


 Wordpressの管理画面でKippoWのインストールを行います。別途送付されたKippoWのZIPファイルを元にインストールを行ってください。

WordPressの管理者ログインを行いプラグイン画面に移動します。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

「新規追加」をクリックします。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

プラグインを追加画面で「プラグインのアップロード」をクリック後、「ファイルを選択」をクリックして「KippoW」プラグインのZIPファイルを選択します。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

「今すぐインストール」をクリックします。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

「有効化」をクリックします。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール


3.プラグイン設定


WordPressのWordpress管理画面の左メニューの「KippoW>プラグイン設定」をクリックします。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

プラグイン設定画面でライセンス情報およびエラー通知情報等を設定します。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール
項目 説明
ライセンスキー別途通知されたライセンス情報からライセンスキーを登録します
エラー通知チェック:Web-to-リード送信失敗またはライセンス期限切れ等時にメール通知を行う
エラー通知メールアドレスエラー通知メールアドレスを登録します
ライセンス情報>契約期間上記で登録したライセンスの契約期間
ライセンス情報>ドメイン名上記で登録したライセンスの契約ドメイン
ライセンス情報>会社名上記で登録したライセンスの契約会社
ライセンス情報>契約者名上記で登録したライセンスの契約者
ライセンス情報>電話番号上記で登録したライセンスの契約先の連絡先(電話)
ライセンス情報>Eメール上記で登録したライセンスの契約先の連絡先(メールアドレス)
ライセンス情報>アプリバージョン上記で登録したライセンスの契約時のアプリケーションのバージョン
ライセンス情報>アプリ納品日上記で登録したライセンスの契約時のアプリケーションの納品日

 なお、ライセンス系のメッセージは以下の通りです。

メッセージ 対応 エラー通知メール プラグイン設定画面 転送設定画面 転送ログ画面
ライセンスチェックに失敗しました。ライセンスキーが正しいかご確認ください。送信表示表示表示とログ出力(※1)
ライセンスキーの有効期限が切れています。ライセンスを更新頂くか、またはKippoWを削除してください送信表示表示表示とログ出力(※1)
あとXX日でライセンスの有効期限が終了します。ライセンスの更新を行って下さい。表示表示
※1:転送ログ画面のログ出力はお問合せ時に出力されます。


4.プラグインのバージョンアップについて


 KippoWのバージョンアップ手順は以下の通りです。

1)転送設定情報バックアップ


 Wordpress管理画面のメニューでKippoW>転送設定をクリックし、転送設定画面のエクスポートで、転送設定情報をエクスポートします。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

2)プラグイン停止


 Wordpress管理画面のメニューでプラグインをクリックし、プラグイン画面のKippoWの停止をクリックします。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

3)プラグイン削除


 続けて、削除をクリックします。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

4)プラグインインストール


 「2.インストール」を参照ください。

5)プラグイン設定


 「3.プラグイン設定」を参照ください。

6)転送設定情報リストア


 「1)転送設定情報バックアップ」でエクスポートした転送設定情報をインポートします。

①Wordpress管理画面のメニューでKippoW>転送設定をクリックし、転送設定画面のインポートをクリックします。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

②設定データインポートダイアログ画面のファイルを選択をクリックし、「1)転送設定情報バックアップ」でエクスポートした転送設定情報ファイルを選択します。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

③設定データインポートダイアログ画面のインポートを開始をクリックするとインポートが開始されます。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

④転送設定情報が正しくインポートされていることを確認してください。


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

⑤お問合せページからSalesforceへ転送されることを確認してください。


お問合せ先

 以下、お問合せ又はお電話にてお問合せ下さい。

简体中文English日本語한국어
翻訳