WindowsTipsブログ:Windows10 Tips (ショートカット作成)

WindowsTipsブログ:Windows10 Tips (ショートカット作成)

WindowsTipsブログ:Windows10 Tips (ショートカット作成)

こんにちは!
情報システム部インフラ担当のアンドウです。

三回目の今回は、「Windows 10」の能や使い方・基本操作・よく使う機能や便利な設定などを紹介していきます。

「ショートカットを作成する」について

通知領域のアイコンをタッチするが、指が太いのか、目的の隣のアイコンが選択されてしまい使いにくい。



外出時に使うことが多い、「Wi-Fi」と「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をワンクリックで呼び出すショートカットファイルを作成してみましょう。

作り方はどちらも同じです。

起動するコマンドが違うだけです。

 

● Wi-Fi

デスクトップの何もないところを右クリック/長押しし、「新規作成」→「ショートカット」と順にクリック/タップします。



起動コマンドの入力

ウィザードが起動したらテキストボックスに「ms-settings:network-wifi」と入力して、「次へ」ボタンをクリック/タップします。



ショートカット名の入力

テキストボックスに「WiFi」など分かりやすい名前を入力して、「次へ」ボタンをクリック/タップします。



アイコンの変更

デフォルトでは、「設定」の歯車アイコンですが、分かりやすいアイコンに変更します。

ショートカットファイルを右クリック/長押しし、「プロパティ」をクリック/タップします。

アイコンの変更をクリック/タップします。

 このアイコンは、「%windir%\System32\imageres.dll」に有ります。

 

●ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す

ショートカット作成のウィザードが起動したらテキストボックスに「rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll」と入力し、「次へ」ボタンをクリック/タップします。

分かりやすい名前をテキストボックスに入力して、「次へ」ボタンをクリック/タップします。

ショートカットファイルを右クリック/長押しし、「プロパティ」をクリック/タップします。

アイコンの変更をクリック/タップします。

 このアイコンは、「%windir%\System32\hotplug.dll」に有ります。

 

●ショートカットファイルがデスクトップにある場合のみ有効なのですが、必要に応じてショートカットキーを設定しても良いかも知れません。

简体中文English日本語한국어
翻訳