Salesforceでの開発をはじめ、業務改善やシステム導入に関るコンサルティング、要件定義から、運用・保守までをワンストップサービスで実現

メッセージ

代表取締役社長 梅北 千広 umekita chihiro

ソフトウェアを通じて新しい社会作りに貢献し
共に成長していきたい

当社は創業以来、「ソフトウェア業を中核事業として豊かな情報社会の発展に貢献する」という経営理念を掲げてきました。
技術革新によって、あらゆる産業がITを利用して新たな価値の創出を目指す中で、ソフトウェアはますますその重要性を増しております。
昔はエンジニアのものであったプログラミングも、小学校での必修化が見込まれていることからもわかります通り、新しい情報社会を構築していく技術者がますます不足してきています。
システムを作るプロフェッショナルとして、私たちにいま最も必要とされているのは、お客様に役立つ「仕組みづくり」を行っていく技術者を育成していくことです。

従来のシステムは「人がシステムを使うことでどのように効率的に業務ができるのか」との考えから作られてきました。
しかし、現在求められていることは「モバイルやクラウド、ビッグデータ、AI等の最新技術の利用を前提として業務を再構築する」ことです。
そのためには、ITの知識のみでなく、社会の仕組みについて幅広く理解し、提案できる人材が求められています。
会話の中で、お客様の意見や気持ちを汲み取るには、多様な物事に対する知識と想像力が必要とされます。
文系・理系の境い目なく、多くの人が活躍できるチャンスが生まれています。

近年、当社は大手だけでなく、中堅・中小企業へのサービス提供とシェア拡大に力を入れています。
社会貢献といった視野で考えたとき、お客様のビジネスに「イノベーションを起こす」ことが、当社にしかできない大きな価値につながるという信念があります。全国に存在するほとんどの企業は中堅・中小企業です。
その中堅・中小企業をより強くすることで、日本全体を活性することを目指しております。
そのために当社の力をさらに磨いてまいります。

当社は「人の成長」が重要だと考えております。
なぜなら、社員一人ひとりの成長なくして会社という法人の成長はありません。
そのためには技術力、提案力や発信力などの能力はもちろん大切ですが、人格や人柄といった「人となり」自体も高めて社会に貢献できることが重要です。
また、当社の経営方針の一つとして「永続する企業をつくる」を掲げております。
「永続」するためには、常に社会から必要とされる企業であり続けなければいけません。
ITの世界では常に大きな変化がありこの変化の中で常に必要とされる企業であり続けるためにも「人の成長」が根幹となる部分です。
ぜひ、共に成長し続け、ソフトウェアを通じて「新しい社会」作りに貢献していきましょう。