Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール



Web-to-Leadとは


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール  Web-to-Leadは、Webサイトからのお問合せ情報(営業情報・サービスに関するお問合せ等)を、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforceのSales CloudやService Cloudのリードやケースに取り込むサービスです。Salesforceは世界で15万社が導入するクラウドプラットフォームサービスでCRM/SFA等、日本での導入も増えており、当社はコンサルティングパートナーとして、Salesforceの導入支援サービス等を行っております。

Web-to-Leadの課題


 SalesforceのWeb-to-Leadを使う時、以下のような課題はありませんか?

1)Web-to-Leadで生成されたHTMLを使って、お問合せページを作る方法がわからない。
2)デザイン・チェックロジック、および、入力>確認>完了画面の実装方法がわからない。
3)WordpressにWeb-to-Leadを実装する方法がわからない。
4)実装してみたが、完了画面が真っ白になった。
5)システム開発会社やホームページ制作会社に発注したら高額だった。
6)メンテナンスが大変。

KippoWとは


WordPressで作成したサイトの世界シェアは30%


Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール
 企業等でよく使われているコーポレートサイトはWordpress(ワードプレス)で実装されていることが多いと思います。Wordpressは、世界のサイトの30%、世界のCMS(コンテンツマネージメントシステム)の60%のシェア(Q-Success社調査結果参照)があり、また、日本のCMSシェアでも80%を超える人気の高いCMSです。

WordPressプラグインで提供


 KippoWは、Wordpressのメジャーなフォームプラグインで作成した自社サイトのお問合せページとWeb-to-Leadを使ってSalesforceへお問合せ情報を連携するWordpressプラグインとして提供を行っています。

KippoWの概要


 自社サイトでお問合せページを掲載してる企業・団体は多いと思います。お問合せページを掲載してる目的は、商品・サービス等に対するお問合せ、資料請求、見積依頼といった事業やサービス等に対するお問合せや採用応募等、様々な使い方をしてますが、その企業・団体は、お客様や採用応募者等から「良い知らせ」を期待してると思われることからKippoW(吉報)というネーミングにしました。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

KippoWの特徴


問合せフォームは、人気のあるWordpressフォームプラグインが使えます!


 Wordpressフォームプラグインは沢山ありますが、その中でも特に人気のあるフォームプラグイン、「Contact Form 7」、「MW WP Form」、「Jetpack by WordPress.com」、「Ninja Forms – The Easy and Powerful Forms Builder」、「Visual Form Builder」に対応してます。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

ノンプログラミングでWeb-to-リード/ケースを実現!


 KippoWは、Wordpressプラグインフォーム項目とSaleesforce送信先オブジェクト(リード・ケース)項目のマッピングを行うだけで、Web-to-リード/ケースが行えます。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

複数サイトの複数お問合せページ(リード/ケース)を複数組織のSalesforceオブジェクト(リード/ケース)へ転送が可能です!


 Wordpressフォームプラグインで作成した1つのお問合せページを複数組織のSalesforce(リード/ケース)へ、逆に複数サイトのお問合せページを特定のSalesforceへ転送することが可能です。レコードタイプを利用して、複数サイトまたは特定サイトでターゲットとなるリード/ケースを取得し、別組織・別部門で同じお問合せ情報(リード/ケース)を使って各々の業務を同時並行に行うことができます。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

スパム対策で信ぴょう性のあるリード/ケースを取得

 
 SalesforceのWeb to リード/ケースで生成したHTMLにはOID(Salesforce組織ID)が含まれておりスパム送信される可能性があります。KippoWはサーバーサイドで処理してるためスパム送信される心配はありません。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

Web-to-リード/ケースの転送ログが確認できます!


 Wordpressフォームプラグインで受信したお問合せ情報をWeb-to-リード/ケースでSalesforceに連携しますが、その時のWeb-to-リード/ケースが正しく転送されているか確認することができます。

Web-to-Leadツール Web-to-Leadツール

KippoWの運用について


 KippoWの運用については、ユーザーマニュアルを参照してください。

導入支援サービス


タスク 備考
要件確認 お問合せの目的、お問合せサイト(ドメイン)・お問合せページの確認、Wordpressフォームプラグインの確認、Salesforceオブジェクトの確認、Saleforceの運用確認、環境確認等をヒアリングします。
Salesforceセットアップ リード/ケースオブジェクトのセットアップおよびWeb-to-リード/ケースのセットアップを行い動作確認を行います。
WordPressフォームプラグインセットアップ WordPressフォームプラグインのセットアップおよびお問合せフォームを作成し動作確認を行います。
KippoWセットアップ KippoWプラグインのセットアップおよびお問合せページ分の転送設定を行います。
動作確認 お問合せページ分、お問合せを行い、正常にSalesforceオブジェクトに転送されているか確認します。

料金について


項目 料金 備考
初期費用3万円初期設定等
利用料10万円/ドメイン年追加ドメイン5万円/年
導入支援サービスお見積り

お問合せ先


 以下、お問合せ又はお電話にてお問合せ下さい。

简体中文English日本語한국어
翻訳