代表挨拶 代表挨拶

代表挨拶


代表挨拶

梅北 千広

 近年、情報通信技術の進化、特にインターネットの爆発的な普及とその利用技術の高度化は、社会及び企業を取りまくビジネス環境を激変させています。グローバル化の進展は、国際標準への対応、国際競争力の向上という課題を多くの日本企業に再認識させることになりました。また、ICTの進化は、利用者のニーズの多様化・複雑化をさらに加速させ、様々な産業分野に今までにない新たなビジネス機会の創生を連鎖的に実現させるものと期待されています。弊社は、創業以来「ソフトウェア業を中核事業として豊かな情報社会の発展に貢献する」という理念に基づき、お客様の情報システムの開発・運用・保守に関わるソリューションとサービスを提供し、お客様のご要望に応えてまいりました。引き続きこれまでに培った技術力と信頼度そして蓄積されたノウハウをさらに高め、時代の要請を先取りして変化に適応し、お客様はもとより社会に貢献できる企業を目指し日々努力を重ねてまいります。そのために、最も大切なものは"人の成長"であると考え、豊かな個性と柔軟な発想を持つ「人財」の育成に今後も積極的に取り組むとともに、企業の社会的責任を十分に果たし、"クラウド&ビックデータ社会"に向けて皆様に喜ばれ愛される価値の創造に挑戦してまいります。

sign



経営理念

 ソフトウェア業を中核事業として豊かな情報社会の発展に貢献する。

経営方針

◆顧客とともに繁栄し、永続する会社を創る。

◆社員の人となりを高め、かつ生活の安定と向上を目指す。

◆分野によっては業界のトップとなる高度な技術者集団を形成する。

ビジョン

 2020年度までに売上高50億円・社員数300人を目指す。

◆社会のグローバル化に伴う業界の変化に対応するため、競争力の強化を図る。

◆IoT時代に伴う情報社会の変化に対応するため、企業体質の強化を図る。

◆株式の公開を目指すために会社運営を強化し売上・利益の拡大を図る。