blog
ブログ

Salesforce技術ブログ(無料配布中!続:レポートの情報を取得するパッケージをつくってみた)

はじめに

今シーズンからアメフトも見るようになった ドライ市来 です。

前回、 『開発者コンソールの匿名実行Apexツールでレポートの情報を取得してみる』 の記事を書きましたが、
今回パワーアップさせてSalesforce組織に直接インストール可能なパッケージ化してみましたので、
ご紹介させていただきます!!

使い方(簡単です)

まず、下記からパッケージをインストール!
=====================
★インストールはこちら!★
=====================
※必要事項を入力し、データを送信いただくことで、Salesforceパッケージインストール可能な
 ページが表示されます。

※本アプリケーションを利用するには、Salesforce環境が必要となります。お持ちでない方は、
 下記URLより無料のdeveloper環境を取得ください。
 developer環境取得はこちら
 (右上の「サインアップ」より取得ください。)

インストール後『レポート情報取得』アプリケーションを選択すると、下記のような画面が開きます。
%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%96%e5%be%97001

 

選択リストで取得したいレポートフォルダを選択し、『レポート情報取得』ボタンをクリックします。
%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%96%e5%be%97002
※「すべて」を選択すると、全てのレポート情報を取得します。レポートフォルダを選択すると、
 該当のレポートフォルダに含まれるレポートのみの情報を取得します。

 

レポート情報の取得に成功すると、『取得したレポート情報はこちら』リンクが表示されるのでクリックします。
%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%96%e5%be%97003

 

『ファイルを参照』をクリックし、ファイルをダウンロードで終了です。
%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%96%e5%be%97004
レポート情報は、自動的にドキュメント内にExcelファイルで開くことが可能な、XMLファイルとして
保存されます。

保存されたレポート情報は、1シート目に情報を取得したレポートの一覧情報、2シート目以降で、
レポート単位にシート分けされた詳細情報を確認することができます。

ダウンロードしたファイルはこんな感じです!!

%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%96%e5%be%97005 %e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8f%96%e5%be%97006

 

さいごに

いかがでしたでしょうか!?
我ながらですが、なかなか便利なツールだと思いますので、みなさんも是非ご活用ください!!

念のため、再度インストールページへのリンクを貼り付けておきます!
=====================
★インストールはこちら!★
=====================

★開発する必要なく検索画面を作れる、検索クリエイターPRO 今なら30日無料トライアル受付中!★

contact

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

简体中文English日本語한국어
翻訳