Salesforce技術ブログ(Force.com SitesのSEO。Visualforceページでrobots.txtを作成して設定する。)

Salesforce技術ブログ(Force.com SitesのSEO。Visualforceページでrobots.txtを作成して設定する。)

Salesforce技術ブログ(Force.com SitesのSEO。Visualforceページでrobots.txtを作成して設定する。)


こんにちは!ハムスター森です!


Force.com Sites 構築中、
robots.txtについて調べる機会がありました。

そこで今回は、Sites開発におけるrobots.txtの設定・作成方法についてまとめます。

robot

下記、目次になります。


※robots.txtについては、下記をご参照ください。
Search Console ヘルプ - robots.txt ファイルについて



1.Sitesでのrobots.txtの設定方法


下記はSitesの設定画面です。
Sitesでのrobots.txtは、設定画面の『Site Robots.txt』の項目で設定します。

SiteSetting1

設定画面からは『Visualforceページ』しか指定できないため、
Sitesのrobots.txtは、Visualforceページで作成したものである必要があります。

SiteSetting2

テキストファイルを用意して、アップロード...という手順は踏まないので、注意が必要です。

適切なVisualforceページを指定すると、robots.txtが配置されます。
例:http://example.force.com/robots.txt


2.robots.txt用のVisualforceページを作成


上記のことからテキストで表示されるVisualforceページを作成する必要があることが分かりました。

そのためには、
<apex:page>のcontentType属性を利用してVisualforceページを作成する必要があります。

Visualforce 開発者ガイド - apex:page

今回はテキストで表示したいため、『text/plain』に指定します。
これで、Visualforceページをテキストとして表示するための準備が整いました。

<apex:page contentType="text/plain">
</apex:page>

あとは、<apex:page>タグの中に必要な情報を記載していきます。
例として、Google画像検索の検索ロボットのクロールをすべてブロックするケースの内容を記載しておきます。
(記述方法についてはここでは割愛します。)

<apex:page contentType="text/plain">
    User-agent:Googlebot-Image
    Disallow: /
</apex:page>


3.結果を確認する


robots.txt(Visualforceページ)を作成し、
設定画面から指定できたら、早速、確認しておきましょう。

rootdir

ブラウザでSitesのrobots.txtを表示し、作成したVisualforceページの内容であればOKです。

ただし、実際の検索エンジンへの反映までには時間が必要とのことです。
能動的に更新することも可能なようなので、リリース前などプロジェクトのフェーズと相談して対応を検討しても良さそうです。

Search Console ヘルプ - 更新した robots.txt を Google に送信

简体中文English日本語한국어
翻訳