blog
ブログ

Salesforce技術ブログ(WordPressプラグイン「Brilliant Web-to-Lead for Salesforce」を試す。)


 「Brilliant Web-to-Lead for Salesforce」はフォーム作成&Web-to-LeadとオールインワンタイプのWeb-to-Leadツールですが、作成元が海外で当然ですがマニュアルは英語しかなく、エンドユーザーには少しハードルが高いかなと思います。

 そこで、「Contact Form 7」、「MW WP Form」、「Jetpack by WordPress.com」、「Ninja Forms – The Easy and Powerful Forms Builder」、「Visual Form Builder」等の使い慣れたフォームプラグインを使いWeb-to-Leadが出来る「KippoW – Web-to-Lead for Salesforce」をリリースしましたのでご案内いたします。

サービス紹介ページ
ユーザーマニュアル
セットアップマニュアル

 「KippoW」は、お客様から「良い知らせが届く」ことを期待して「吉報」と名付けました。是非、SalesforceのWeb-to-Leadを使ってリードやケースを取得する機会がありましたら「KippoW」の導入についてご検討のほどお願いします。


ども、ハムスター森です🐹

社長の皆さん、4月ですよ〜。桜の季節ですね。
今年は、東京が 満開 一番乗りだったみたいです。

満開ってどういう基準なんだろ?と思って調べてみたら、
地域ごとに基準となる桜の木が存在していて、気象庁が観測して判断しているそうです。

東京都の標準になっている木は靖国神社にあるんですって。厳かな感じがします。

さて、今日は、WordPressのプラグイン「Brilliant Web-to-Lead for Salesforce」の紹介です。

wp

WordPressをCMSとして利用している場合、問い合わせページを構築するシーンがありますね。
その情報をSalesforceと連携する際には、Web-to-Leadの利用が想定されます。

通常、Web-to-Leadを利用する際には
フォーム構築用のHTMLコードを自動生成して、さらにそれをWebサイトに組み込むことになりますが、
Wordpress上で手軽に管理するためには、HTMLコードそのままは少し使い勝手が悪いです。

そんな時、「Brilliant Web-to-Lead for Salesforce」を利用することで、
いくつかの設定と簡素なコードで連携可能になるのでとても運用しやすくなります。

では実際に、設定方法を見ていきましょう!

1.プラグインのインストール・有効化

まずは、プラグインのインストール画面から、
「Brilliant Web-to-Lead for Salesforce」をインストールして有効化します。

wp

この他には、特に準備などは不要。
Salesforce側でも設定は不要です。

2.フォームの新規作成

wp

次に、プラグインの設定画面から、フォームを新規作成していきます。

wp

最低限の設定項目としては、「Salesforce.com Organization ID」。
問い合わせ情報の取り込み先となるSalesforce組織を指定します。
(組織IDの確認方法はコチラ)

wp

組織IDが設定できたら、画面最下部の「Save Form」ボタンをクリックして設定を保存します。

3.問い合わせフォームの設置

再度、プラグインの設定画面を表示し、作成したフォームをクリックします。

wp

画面右側に表示されている、「How To Use This Form」の欄に記載してあるコードをコピーします。

wp

最後に、フォームを設置したいWordpressのページに、コードを設置します。

wp

以上で設置が完了しました!
プレビューなどで確認してみると、フォームが生成されていることが確認できます。

wp

今回は詳細な設定について省きましたが、設定画面からは、
Salesforceに取り込みたい項目や、Wordpress上に表示するメッセージなども細かく設定できます。

WordPressとSalesforceの連携を考えている場合、とても簡単に使えるプラグインでした〜。

contact

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

简体中文English日本語한국어
翻訳